ときめきデイズ

50代からの心を満たす、生き方、暮らし方マガジン『ときめき』本誌を元ネタに、日々がときめく話題をお届けしています。

04

お久しぶりですね。今日、どうですか? どんな感じ?

6月19日(日) に東京・NHKホールにて行われた韓国のアーティストSE7EN(セブン)さんのライブ「SE7EN LIVE 2016 in Japan -RAINBOW-」。

ライブは、7月7日(木)にビクターエンタテインメント移籍第一弾シングルとして発売される新曲「RAINBOW」からスタートし、「LOVE AGAIN」「光」を熱唱。“R&Bの貴公子”の深い歌声で会場を魅了したSE7ENさんがファンに話しかけたのは、こんな言葉からでした。

オープニングは僕の新しいシングル「レインボー」から始まりましたけど、どうでした? 大丈夫でした? 何年ぶりかな? 4年ぶりの新しいシングルは僕にとってとても意味があるシングルだから、”すごく気をつけて”がんばりました。うん……がんばりました。

その雰囲気をちょっと感じていただきましょう。新曲「RAINBOW」のMVです。
  
虹色に輝く新しい世界の“その先を見に行こう“というメッセージが詰まったこの曲は、SE7ENさんご自身の新しい挑戦への始まりと、夢に向かってがんばる方へのエールでもあります。聴くたびに元気が湧く、パワフルなメロディからスタートしたこの日、


ファンのみなさんに伝えたい想いがたくさんあります。
今日はいろんなタイプの曲を準備しましたので、みなさん、楽しんでください。

言葉どおり、多くを歌い、多くを話したライブでした。曲の数は、全21曲! 
07
なかでも、SNSでファンから「歌ってほしい」と要望が多かったのが、4曲目の「BELIEVE」 だそう(歌うのはなんと10年ぶり!)。スポットライトに照らされた姿が浮かび上がり、しっとりとした雰囲気に。歌いながらステージ横の階段をゆっくりと降り、SE7ENさんがファンに近づく場面。やさしい旋律から伝わるあふれる想いを受けて、会場には「セブーン!」「セブーン!」という歓声が次々と響きました。

続いて「I'M GOING CRAZY」を歌い上げると、3階席までぎっしりと埋まった席を見渡して手を振り、

2階、元気~!?

と弾ける笑顔でお声がけ。「元気~!」とファンが力強く応えると、

おととい神戸、今日東京、の2回公演でちょっとさびしいですよね。始まったけど、もう終わり(笑)。次はもっといっぱいやりましょう! 

客席とトークを交わして盛り上がるのも、日本語の流暢なSE7ENさんならでは。会場の熱気に圧されてか、「熱いですね~。夏だから?」と話すと、会場からは「脱いで~!」の声。謎の微笑みを浮かべながら「アリガトウネ」と返すSE7ENさんでした。

「僕の大好きなバラード曲です」と紹介した「BE GOOD TO YOU」を歌うと、続いて「LA LA LA」を韓国語で。「一緒に歌いましょう!」と会場にマイクを向けると、韓国語の歌詞をすらすらと歌うファン。その様子に満足げに耳を傾けながら軽やかにステップを踏み、メロディに身を任せるSE7ENさん。
10
ステージを降りてファンの近くで歌い、途中、記者席に笑顔とハートを振りまく場面も(記者席はざわめき、顔を見合わせて声にならない声が出そうになったのは、言うまでもありません)。

02
会場のファンが持つのは、「SE7EN棒(ななぼう)」と呼ばれる、数字の「7」を象(かたど)ったペンライト。SE7ENさんいわく“未来から来たテクノロジー7棒”が本当にきれいで、ライブタイトル「RAINBOW」にふさわしい七色の光を放っていました。

SE7EN(セブン)さん、ライブリポート【その2】~歌って話して"その先を見に行こう" に続く。
 
セットリスト
 ♪RAINBOW
 ♪LOVE AGAIN
 ♪光
 ・トーク
 ♪BELIEVE
 ♪I'M GOING CRAZY
 ・トーク
 ♪BE GOOD TO YOU
 ♪LA LA LA

 ・「RAINBOW」MVメイキング

 ♪ケンチャヌンゴンジ(ドラマ「モンスター[2016年]」OST)
 ・トーク

 ♪君が好きだよ
 ♪ありがとう
 ♪COME BACK TO ME
 ♪ANGEL
 ♪スタートライン

 ・CAFEメイキング映像

 ♪BETTER TOGETHER
 ♪DIGITAL BOUNCE

 ・トーク

 ♪ケンチャナ
 ♪UNDERSTAND ~今さら~
 ♪SOMEBODY ELSE
 ♪PASSION

 ・RAINBOW MV フルバージョン

アンコール
 ♪君が好きだよ
 ♪RAINBOW


 2016年6月1日(水)最新号 別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』発売   

(ナ) 
 

05
SE7EN(セブン)さん、「SE7EN LIVE 2016 in Japan -RAINBOW-」ライブリポート【その1】の続きです。

続いて、韓国で現在放送中のドラマ「モンスター(2016)」のOST「ケンチャヌンゴンジ」を韓国語で。これが大喝采。

初めて歌ったけど大丈夫でした? 

「大丈夫ー!!!!!」という会場の声を聴くと、

いい雰囲気ですよね。拍手をもらって恥ずかしい気持ちもあります。けれど、気持ちいいなあ(笑)。

とSE7ENさん、ご満悦。
09
歌とトークを織り交ぜた楽しい時間はどんどん過ぎていくわけですが、なかでも印象に残ったのが、「ケンチャナ」についてのトーク。「ケンチャナ」とは「大丈夫」という意味の韓国語で、7月7日発売のマキシシングル「RAINBOW」の収録曲です。

(僕に)いちばんつらかったときがあったじゃないですか。

(ファン、苦笑)

みなさんからの手紙や応援をもらって、つらい時期でしたが、応援が力にになって、「あー! なんとかやらないと!」と思って作った曲なんです。みなさんへの想いを、みなさんに渡すプレゼントのように思って作った曲です。悲しい曲なんですけれども、やっぱりみなさんがいるから、これは「ケンチャナ(大丈夫)」と思っています。
03
「ケンチャナ」「UNDERSTAND ~今さら~」を艶やかなのびのある声で響かせ、会場をさらに魅了。ミュージックビデオのように椅子に座ってライトを浴びながら、しっとりとした視線を会場に投げかけ続けます。歌い終えると、

「ケンチャナ」はケンチャナ?

とほくそ笑みながら会場に問いかけるお茶目ぶり。もちろん、会場の返事は、

ケンチャナー!

……ですよね(笑)。

ありがとうございます。次の曲はもう最後になります。雰囲気がいいから、時間があっという間です。今日はここまでですけれども……ですけれども! すぐ、近いうちに来ますから! 

すると、会場から「やだー!」の声が次々と上がり、弁解(!?)めいたコメントも飛び出します。

アンコールあるから! 歌うから!  とにかく……ねえ、最後の曲、歌うから(笑)! みなさんここまで来てくださってありがとうございます。今日はすごく雰囲気がいいから、とても気持ちがよくて、本当にカムサハム……ありがとうございます。また7月、来るから! 期待してください。

それでは、最後の曲です。一緒に歌ってください。「♪SOMEBODY ELSE」!
08
最後の曲を終えると、アンコールで「君が好きだよ」「RAINBOW」を会場と一体化して歌い、楽しい夜は幕を閉じたのでした。SE7ENさんから“その先を見に行こう”というメッセージを受けたファンは、再び始まったSE7ENさんの新しいステージをともに歩くのでしょう。

虹色の希望に満ちた想いは、ファンのみなさんからSE7ENさんへのお花にも表れていました。たくさんあったのですが、ほんの一部、ご紹介を。
11
七色に輝くスタンド花が勢ぞろい。虹色でいっぱいの花々が並びました。愛が溢れてます~!
12
かがやくレインボ~♪

■関連記事
SE7EN(セブン)さん、「SE7EN LIVE 2016 in Japan -RAINBOW-」ライブリポート【その1】
※セトリはその1にあります

■2016年7月7日発売「RAINBOW」
 SE7EN「RAINBOW」Music Video Short Ver.
 ビクターエンタテインメント・オフィシャルサイト


 2016年6月1日(水)最新号 別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』発売   

(ナ) 


写真/35plus

シフシー! シフシー!(※)

ファンの大歓声で始まったパク・シフさんの初ライブ「PARK SIHOO LIVE 2016」。2016年5月7日(土)に東京国際フォーラムで開かれました。

2016/6/1発売の別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』で俳優パク・シフさんのライブリポート(122~123ページ)を掲載しています。本ブログではより詳しいリポートをお届けします(長いです)。

※韓国語で「シフさん」と呼ぶ際、「シフシ」と発音します。ちなみに「シフ様」と呼ぶ場合は「シフニム」となります。

本誌の記事にも書きましたが、とにかくよく笑い、よく歌い、よく踊るシフさん。こんなに歌って踊れる俳優さんってちょっと珍しいですよね。ドラマで見かける役柄は、涼しげな顔立ちによく似合うクールなイメージがありますが、ステージに立つシフさんは、朗らかで快活。溢れるエネルギーを歌とダンスにのせて、ファンとの一体感を満喫されていました。
セットリスト
 ・練習風景映像
 ♪Season In The Sun
 ♪Shampoo
 ♪今日も愛してる
 ・オープニングトーク
 ♪君を…
 ・ドラマ「町のヒーロー」ハイライトトーク
 ・映画「きみの声を探して」ハイライトトーク
 ♪2度目の別れ
 ・イタリア撮影映像(未公開)トーク
 ♪応急室
 ♪WILL YOU MERRY ME
 ・トーク
 ♪そんなプライドのために
 ♪LOVER
 ♪にわか雨

アンコール
 ♪MISTER
 ♪おどるポンポコリン
■笑いと歓声が止まない時間

写真/35plus
心と体、そのすべてでファンへの愛と感謝を伝えるシフさん。まずよく笑います。「ハハハ!」と表情筋全部を使って笑う様子は、見ているこちらが幸せになってしまうぐらいの天真爛漫さ。そして、軽快なダンス。イメージとおよそ異なる登場に、ファン、大歓喜。

ダンスとともに登場して3曲を歌ったシフさんは、

日本でステージに立つのは本当に久しぶりのことだと思います。昨日の夜「明日はみなさんに会えるんだ」と思うと、本当にドキドキしてなかなか眠れませんでした。今日は本当に楽しい時間、楽しい思い出を家にお持ち帰りいただけたらと思います。

とご挨拶。息切れも見せずにきりりとした表情で答えると、会場がまた沸きます。「ダンスをするイメージがないので驚きました」という司会 Yumiさんからの問いかけには、

たくさん練習しました。

とにこやか。続いて「水を飲んでもいいですか?」とミネラルウォーターを手に取り、唇にボトルをつけずに水をゴクゴク。さわやかに喉を鳴らすシフさんの様子に、会場からは歓声が上がります。ひとつ一つのなにげない動作でヒートアップするファンに、シフさん、やや戸惑いながらもご満悦。

初ライブのこの日、バンドのみなさんとの息もぴったり。

写真/35plus
とても初めてとは思えない“キマリ”感ですよね。もちろん、ファンの盛り上がりもとどまるところを知りません。「生バンドで歌う感じはどうですか?」と司会のYumiさんに尋ねられると、
 
僕がバンドのみなさんと一緒にライブを行うのは、初めてのことなんです。韓国から来るときから「大丈夫かな?」とちょっと心配していたのですが、昨日実際に合わせてみましたところ、逆に自信が生まれてきたんですね。

僕はみなさんにすばらしい姿をお見せできるだろうということで、とても楽しく、自信も生まれてきましたので、みなさんに今までお見せできなかった新しい姿を今日はお見せできると思います。楽しみにしていてください。

ドラマ「町のヒーロー」の撮影が終わったばかりなんですけれども、ライブの準備にかける時間があまりとれませんでした。だから今日みなさんが見ていて「ちょっと残念だな」と思うような部分があったとしても、見逃してくださいね。 

謙遜にもほどがあるシフさんですが、こんなかわいい(!?)前置きをしながら、2015年にリリースした日本デビュー曲「君を…」をしっとりと歌い上げます。

リポート【その2】に続く。


本誌122-123ページに掲載
 2016年6月1日(水)最新号 別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』発売   

(ナ) 


写真/BETTER ENT

2016/6/1発売の別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』でソン・スンホンさんのファンミーティングリポート(120~121ページ)を掲載しています。本ブログではより詳しいレポートをお届けします(長いです)。

最新映画「ミス・ワイフ」の日本公開(2016年8月13日予定)を控え、話題の時代劇「師任堂(サイムダン)」撮影中のアジアのトップ俳優 ソン・スンホンさんが来日。ファンミーティング「Song Seung Heon "SH&Asto JAPAN" Spring Fan Meeting 2016」でファンとの時間を過ごしました。
プロフィール
ソン・スンホンさん 
1976年10月5日生まれ。俳優。ドラマ・映画で活躍するアジアトップ俳優のひとり。日本では韓国ドラマ「秋の童話」「夏の香り」をきっかけに、元祖韓流四天王として大ブレイク。テレビドラマの大型時代劇「師任堂(サイムダン)」の撮影中で、今夏最新映画「ミス・ワイフ」日本公開を控える。
本誌でもお届けしましたが、この日のスンホンさんは終始リラックスした姿。「普段の彼もこんな様子なのかしら」と思わせる様子に、ファンもほっこりした1日でした。

この日のスケジュール
・近況報告
・ヒストリー写真館
 (スンホンさんのプライベート写真公開)
・私のとっておきの企画大公開!
 (ファン撮影の写真で語るスンホンさんとの思い出)
・スンホンさんのお花見相談室
・ふれあいゲーム
・スンホンさんと心で通じ合う“以心伝心ゲーム”
・「もしもしスンホンです! ピクニックしませんか?」
・エンディングトーク
・アンコール
 ♪少女(イ・ムンセ)
とくにその“自然体”を感じられたのが“お花見相談室”と「もしもしスンホンです! ピクニックしませんか?」のコーナーです。

■スンホンさんのゆるふわ悩み相談
イベントが始まる前、ロビーにこんな箱が置いてありました。
20160531_05
 この紙に悩みごとを書き、桜の木に貼り付けると、幸運な方の悩みにスンホンさんが回答をくださる、というもの。
20160531_06
 みなさん、好きな場所に花を咲かせていきます。
 
イベント本番では、こんな“悩み”が選ばれました。スンホンさんの回答とともにご紹介します。

【悩み1】日本の歌を覚えて歌って下さい。
【スンホンさん回答】一生懸命練習しないといけないですね。実は音楽はあまり聴かないんです。

【悩み2】カラオケでうまく歌うためにはどうすればいいですか?
【スンホンさん回答】お酒を飲めば解決します(笑)。ときにお酒の力を借りるのもいいと思います。

【悩み3】チョコが好きすぎてダイエットができません。どうしたらいいですか?
【スンホンさん回答】スタイルのいい人ほどこういう質問をします。どちらにいらっしゃる方ですか?(会場で質問者をご覧になって)あなたはもっと食べてもいいです。

【悩み4】21歳の娘が、スンホンさんを観すぎて彼氏ができません。責任をとってください。
【スンホンさん回答】なかなか難しい質問です。今までご縁がなかったのでしょう。これからできると思います。

【悩み5】どうすればスタイルがよくなりますか?
【スンホンさん回答】あまり関心がないことなので詳しくないのですが、(僕の場合は)スタイリストがサポートしてくれるので気楽な服装をしています。 ただ唯一好きで続けていることは運動で、時間があるときはしています。

【悩み6】 ダイエットしたいです。シックスパック(割れ目のある鍛えられた腹筋)になりたいです。
【スンホンさん回答】……腹筋のある女性を男性は好きじゃないですよ(笑)。男性もないから。女性には錯覚していることがあって、男性が好きなのは健康美にあふれた女性です。10人に9人はそう答えると思いますよ。腹筋は適度に鍛えるのがいいと思います(笑)。
この自然な回答! いかがでしょうか。アジアのトップ俳優がこんな日常的な悩みに答えてくれるなんて!

ひとつ一つ「う~ん」とうなりながら考えるスンホンさんの様子は、ドラマで見かけるクールな表情とはまた違う魅力があって、質問が読まれるたびに会場中がわくわくした雰囲気になりました。
20160531_07
 この質問とダイエットに関する話題がとくに多かったです。

続いて、「もしもしスンホンです! ピクニックしませんか?」のコーナー。スンホンさんの人間力が炸裂(さくれつ)した熱い時間となりました。

リポート【その2】 に続く。



120-121ページに写真レポート掲載
■ときめき公式サイト
 2016年6月1日(水)最新号 別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』発売
 
(ナ) 


写真/韓流ぴあ
僕は韓国の数え年で30歳となったのですが、あっという間に時間が流れてしまいました。20代を振り返ってみますと、つらい時間もありましたが、楽しい時間もたくさんありましたし、スランプを経験したこともありましたが、そのたびにいつもみなさんがそばにいてくださり、そのおかげでここまで来ることができたと思っています。

みなさんとの“義理”を果たすために今日ここに来ました。今日1日楽しい時間を過ごしていただければと思います。

というわけで、2016/6/1発売の別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』で俳優チョン・イルさんのデビュー10周年記念ファンミーティングリポート(118~119ページ)を掲載しています。本ブログではより詳しいリポートをお届けします(長いです)。
プロフィール
チョン・イルさん
1987年9月9日生まれ。2006年、映画『静かな世界』でデビュー。2011年『美男<イケメン>ラーメン店』、翌年の『太陽を抱く月』で一躍人気俳優の仲間入りを果たし、東方神起ユンホと共演し話題を呼んだ『夜警日誌』、『黄金の虹』などをヒットに導く。昨年は韓中合作webドラマ『高品格な片想い』で中国進出、2016年上半期にはCNBLUEのジョンシン共演の主演作『シンデレラと4人の騎士』が控える。
冒頭は2016年4月15日に東京・新宿文化センターで行われた「JUNG IL WOO FAN MEETING 2016~10thank you~in Japan」での最初のご挨拶です。日本でのファンミーティングは約1年ぶりですが、始まりから終わりまで徹底したファンサービスによる驚きとときめきの連続。

イベントをひとことで表すなら「胸キュン」
これ以外の言葉が、見当たりません(断言)。リポートでは、イルさんのお話をもとに、どのへんが「胸キュン」だったのかをご紹介します。

 * * *
■会見でのざわめき
イベントが始まる前に記者会見がありましたが、観客席には記者のほかにファンクラブから特別招待されたラッキーな方々もお席にいらっしゃいました。会見の途中、イルさんはファンの方に向かってこんなことをおっしゃっていました。

イルさん:(客席を見渡して)今、後ろのほうに座っている方は、ファンのみなさんですよね? 今日初めて来たという方はいらっしゃいますか? 

客席:(約半数が挙手)

イルさん:あ~……大変なことになりましたね……。今日、僕にすっかり惚れてしまうかもしれません。そこから抜け出せないと思いますよ(笑)。

客席・記者:(ざわめく)

といったシーンがありました。まさに、イベントはその通りの内容でした。


会見時のイルさん。お茶目さ、全・開・!
イベントスケジュール
[第一部]
・オープニング
・バンド公演
 歌:♪Rumble Fish「雨とあなた」
・近況トーク
・名場面再現コーナー
・パーソナルクイズ
・映像&バンド演奏

[第二部]
・フォトタイム
・胸キュンコーナー
・サプライズ合唱
・バンド公演
 歌:♪Mr.children「抱きしめたい」
・ラブレターの朗読
 歌:♪flumpool「星に願いを」
 歌:♪ELLEGARDEN「Marry me」
・エンディングトーク
■ファンミーティング、スタート
オープニングは意表を突いて2階席から登場。予想外のことに、驚きと喜びの悲鳴が響き渡り、会場中は熱狂の渦に。イルさんはファンや中継カメラにハートを飛ばしながら、2階席から1階席、そしてステージへ。生バンドの演奏をバックにRumble Fishの「雨とあなた」を韓国語で披露しました。

写真/韓流ぴあ

そしてここからが、イルさんの本領発揮です。会見のとき、

今回はステージと客席の距離をなるべく縮めたいと思いまして、客席で行う演出もあります。ファンのみなさんと一緒に楽しめるイベントを準備しています。私は俳優ですので、そういった意味での「とあるパフォーマンス」を準備しています。一昨年からずっと一緒にやってくれているバンドの仲間達も一緒なので、みなさん、2時間退屈しないと思います。

……とお話をされていましたが、ここから徹底したファンサービスの連続!

すでに多くのニュースサイトにその模様が出ていますので、詳細は譲りますが、
・「名場面再現コーナー」で「イケメンラーメン店」「夜警日誌」から名場面をファンと再現。顎クイ、バックハグ、プロポーズ、壁ドンと、次々と繰り広げられる再現シーンに悲鳴が上がり、“キュン死に”する方が続出

・舞台に上がる幸運なファンの方には、イルさんが手をつないで舞台へエスコート

・「パーソナルクイズ」で イルさんのインスタグラムに公開された写真を交えながら、全員と「ファンなら全問正解!? クイズ」実施。最終回答者に生写真プレゼント

・ファンからイルさんに「(デビュー)10周年おめでとう!」の言葉をサプライズ披露

・ファンが合図で携帯のライトを一斉にオン、イルさんに“光”のサプライズプレゼント

・自分の携帯で写真を撮れる“フォトタイム”のプレゼント
ほか
などなど、イルさんがファンと一緒につくるステージは、退屈どころか、ときめきが止まらない濃密な時間となりました(一緒に取材へ行った男性スタッフも、ときめいていました。クイズのときは嬉々として参加していましたし、最後の正解者として残れず、本気で悔しがっていました)。


ものすごくわかりにくいですが、“フォトタイム”に観客席から携帯で撮った写真です。ステージ上でくつろぎながらポーズをとるイルさんがかわいくて、とても気に入っています(←聞いてない)。

リポート【その2】に続く。



118-119ページに写真レポート掲載
 2016年6月1日(水)最新号 別冊家庭画報『ときめき 2016 夏号』発売 

(ナ)

01_img
「あれ、これ症状」と認知症はまったく別のもの
「ほら、あれ、何だったっけ? あれよ、あれ」という「あれ、これ」症状。「ときめき世代」の皆さんはもう経験していらっしゃるのではないでしょうか。

実際、50代以上の方々から、「人の名前や固有名詞が出てこなくなってきたし、物忘れもひどい。このまま認知症になってしまうのではないか?」という質問をよく受けます。以前ならすらすら言えた人名、地名が出てこない。しかもその頻度が上がり、この先の老後に不安を覚えるのでしょう。

でも、安心してください! 年齢を重ねていくと、これまで蓄積された情報量が膨大になっているのは当然のこと。そのなかから、人の名前や物の名前を即座に引っぱり出すことが難しくなるのは当然のことなのです。

医学的見地から言えば、「あれ、これ症状」と「認知症」はまったく別のものです。時間が経つにつれて〝何を食べたか〟という記憶があいまいになることが「物忘れ」、〝食べた〟という記憶が脳に残らないのがアルツハイマー病を含む「認知症」です。

「あれ、これ症状」は、ご自分が物忘れをしているということを認識できていますし、いったん記憶できているからこそ「あれ、これ」となるわけです。
 
これまで1万人以上のMRI脳画像の分析を行ってきた医師・加藤俊徳さん。「あれ、これ症状」の段階で脳活をすることで、脳は何歳からでも成長し、認知症を予防でき、若返るといいます。本誌では、その方法を教えていただきました。


■お話を伺った方々
加藤俊徳さん/森山良子さん/吉沢久子さん/岸本葉子さん/村崎芙蓉子さん
201606_1
『ときめき 2016 夏号』(世界文化社刊)16ページから
本誌では……
・左脳と右脳をいっぺんに使う脳の使い方
・左脳と右脳をバランスよく使う体操
・「あれこれ症状を防ぐ私のポイント」
ほか

ときめき2016夏号 (別冊家庭画報)
世界文化社
2016-06-01

16ページより掲載


【ときめき最新号より】 あの人の“1日10分”若返り術 定年夫が家庭内ストーカー 女の薄毛問題 運がいい人の幸せ習慣 困った娘・息子とのつきあい方 はじめての看取り ときめき公式サイト  2016年6月1日(水)最新号『ときめき 2016 夏号』発売 

      

02_img

ストーカー夫になりやすい人の8つの特徴
 1  仕事を離れてつき合える友人がいない
 2  妻を名前で呼ばない
 3  妻の話を聞くのをめんどくさがる
 4  昼前になると「昼ごはんは何か」と聞く
 5  妻が外出する際に食事を用意してもチンすらできない
 6  食品の賞味期限切れをいちいち指摘する
 7  妻の帰宅時間が少しでも遅れると携帯に電話をかけてくる
 8  「おーい、お茶」「リモコン取って」など、やたらと妻に指図する
■やることのない生活が男にとっては本当にツライ
定年退職した夫が家にこもりがちで、妻は自由に外出もできず、ストレスがたまるという話はよく聞きます。やっとのことで出かけても、「何時に帰ってくるんだ」「オレの昼飯はどうなってるんだ」と外出先にまで電話やメールで頻繁に連絡してきて、「家庭内ストーカー」と化す夫も珍しくないとか。

こうした状態が続くと、頭痛、めまい、動悸など、体調がおかしくなる妻も少なくないそうです。更年期障害だと思い込んでいる人が多いものの、その大半は夫の存在が原因だと明言するのが、「夫源病(ふげんびょう)」の名づけ親として知られる医師の石蔵文信(いしくらふみのぶ)さんです。

長年「男性更年期外来」で、うつ病の夫の診察に同席する妻から話を聞くうちに、夫もさることながら妻の不調ぶりも深刻なことに気づいたと振り返ります。

「男は仕事がつらいより、仕事がないほうがつらい。もともと地縁がないうえに社縁もなくなると、所属する組織がないから不安で、嫁はんだけが頼りなんです。なかには、妻が楽しくやっている女子会や手芸の会にまで、ワシも、ワシもとついてくる『ワシも族』もいます。そのくせ、一緒にデパートに行っても、『はよ、帰ろ』『まだかい』と指図する。おまえがついてきたいと言うたんじゃないかと(笑)。特に管理職だった人は、上から目線でモノを言うくせがついてるから、ますます始末がわるいですね」

201606_2
『ときめき 2016 夏号』(世界文化社刊)16ページから
本誌では…… 
・夫婦で向き合った例
・読者アンケート「脱ストーカーに何年かかりましたか?」
・脱ストーカー気づきのポイント
・断捨離的 定年夫対策(やましたひでこさん)    ほか
 

48ページより掲載

【ときめき最新号より】 あの人の“1日10分”若返り術 定年夫が家庭内ストーカー 女の薄毛問題 運がいい人の幸せ習慣 困った娘・息子とのつきあい方 はじめての看取り ときめき公式サイト  2016年6月1日(水)最新号『ときめき 2016 夏号』発売 

      

201606_3
『ときめき 2016 夏号』(世界文化社刊)64ページから
あなたはやっていませんか?「毎日のNG習慣」
・シャンプーは2~3日に1回の割合
・シャンプー後の髪は自然乾燥している
・トリートメント後のすすぎは軽めにしている
・ブラッシングは痛キモチいいのが好き
・髪の分け目をこの数年間替えていない
・晴れた日も日傘や帽子は使わない
■9月は抜け毛が一番多い! 今から頭皮ケアを習慣に
薄毛の原因には、頭皮の血行不良や皮脂の汚れなど、頭皮の状態も無関係ではなさそうです。

「多くの女性の頭皮を調査してきましたが、その約7割が部分的に赤みや乾燥、フケなど何らかのトラブルをかかえています。頭皮の状態が悪いと、そこから生える髪もいい状態にはなりません。顔のスキンケアほど頭皮に気を配る方はまだ少ないですが、健康な髪を育てるには、頭皮のケアが必要なのです。

1年の中でも9月は一番抜け毛が多い時期ですが、それは夏の紫外線や汗、皮脂など頭皮への悪影響が出る時期だから。秋の抜け毛を防ぐためにも、今からしっかり頭皮ケアを始めることが大切です」(資生堂ライフサイエンス研究センター 先端領域 研究グループ マネージャー 仲西城太郎さん)

本誌では……
・50代からの薄毛の原因と対策はこれ!
・“抜け毛の秋に備えて今から3か月が勝負
・今さら人に聞けない薄毛のギモンQ&A
・頭皮の“お手当て”方法(炎症対策/血流対策)
・効果が変わる頭皮エッセンスの“つけ方”
・はじめての育毛治療~クリニックの人気治療~     ほか


64ページより掲載
 
【ときめき最新号より】 あの人の“1日10分”若返り術 定年夫が家庭内ストーカー 女の薄毛問題 運がいい人の幸せ習慣 困った娘・息子とのつきあい方 はじめての看取り ときめき公式サイト  2016年6月1日(水)最新号『ときめき 2016 夏号』発売